臨床検査技師の適性(向き・不向き)

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の適性(向き・不向き)

臨床検査技師の適性(向き・不向き)

臨床検査技師の仕事をするにあたって、いくつか適性といえる素質があります。まずは勉強熱心な人は臨床検査技師向きといえます。医療の世界はまだ発展途上の業界です。ですから臨床検査技師にとって新しい知識・技術が資格取得後に登場する可能性も十分あります。臨床検査技師は資格取得すれば、それだけでずっと仕事ができるわけではありません。常に勉強して、新しい情報を仕入れる姿勢も必要です。「仕事で手いっぱいで、勉強する気が起きない」という人は臨床検査技師の仕事は向いていないと言えます。

医学の世界はどんどん進歩していますし、新機種も出てきています。臨床検査技師も最新鋭の機器を利用すれば、人間が何かしなくてもほとんどコンピューターが自動的に処理してくれるような機会も見られます。しかし機械化が進んでいるとはいえ、人間が全く必要なくなるかというとそうではありません。例えば病理標本や血液標本を作製する、ピペット操作などは臨床検査技師の手によって作業します。手先が器用な人のほうが向いている職種といえますが、不器用な人は臨床検査技師に向いていないとも一概には言えません。不器用でも几帳面な正確で丁寧に作業を進めるポリシーのある方であれば、多少時間がかかってもきちんと仕事はこなせるでしょう。

臨床検査技師というと、機械や検体を使って検査をしている内向的な仕事と思っている人もいるかもしれません。しかし臨床検査技師は多くの人と連携しながら仕事を進めていきます。ですから人見知りで、なかなかほかの人とコミュニケーションが取れない人には適性はありません。

まず生理検査を担当する場合、患者と直接接する必要があります。どのような検査を行うのか、手順はどうかなどを丁寧に説明する必要があります。患者さんが検査を受ける場合、「もしも悪い結果が出たらどうしよう…」といった不安を抱えていることも多いです。特に再検査の場合、「何か深刻な病気にかかっているのではないか?」と心配になるでしょう。そのような患者の気持ちに寄り添いながら、リラックスした状態で検査が受けられるように、臨床検査技師の方からコミュニケーションを積極的にとる必要があります。

検体検査を担当する臨床検査技師は、直接患者と対面することはあまり多くありません。しかし検体検査を行う場合、他の医療スタッフと連携して仕事をします。となるとほかのスタッフとスムーズにコミュニケーションがとれるかどうかも重要なポイントになります。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.