臨床検査技師の1日の流れ

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の1日の流れ

臨床検査技師の1日の流れ

臨床検査技師は、医療現場において患者さんの健康状態を検査する役割を持っています。診療には検査がつきものですし、検査によって自覚症状がなくても病気を発見できる可能性が広がるため、医療機関においてはなくてはならないものです。大病院ではもちろん、個人病院、検診センターなど、幅広い現場でニーズがあります。検査記録をとることと、その検査結果がどのような意味を持つのかといった知識が必要な仕事です。

1日の流れについてですが、まず最初は医師が診察します。患者さんが自覚症状や悩みを訴え、医師がそれに合わせた検査を行うように指示します。ここで臨床検査技師の出番です。医師から指示された検査を、患者さんに行います。採血のような簡単なものは看護師が行いますが、専門的な知識が必要なものは臨床検査技師が行うことになります。そして、出た検査結果をよく確かめて、データを送り、医師の診断に役立てます。基本はこの繰り返しですが、来院した患者さん全員の検査を行うわけではなく、あくまでも医師が必要だと判断した場合のみです。

臨床検査技師の業務は、医療機器と密接に関わっています。近年は医療機器がどんどん発達してきているので、技師がいなくてもいい場合があったり、より専門性が増したりするなど、その影響を大きく受けています。そのことを考えれば、臨床検査技師の1日の流れは、その職場がどのような医療機器を導入し、どのような医療体制になっているかで決まることがわかります。専門検査ごとに、「細胞検査士」や「超音波検査士」、「認定輸血検査技師」などの認定資格もあります。

臨床検査技師が行う検査には、たとえば検体検査というものがあります。これは患者さんの身体から採取した検体を使って検査するものです。また、検体検査の中にもさまざまな検査方法があり、患者さんのケースに合わせて使い分ける必要があります。たとえば、一般検査では、血液や尿、髄液、便の成分を調べ、異常な数値が出ないかを確かめます。また、生化学検査では、骨や筋肉、臓器に異常がないかを確かめます。免疫検査は、肝炎といった各感染症や腫瘍、アレルギー関連の検査に役立ちます。こう見ると、誰にでも関わりのある重要性の高い検査ばかりです。これらの他にも、検体を使わずに直接患者さんに行う検査もあります。たとえば、CTやMRI、エコーなどの画像検査、心電図や脳波などの検査、呼吸生理機能の検査、内視鏡などが挙げられます。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.