臨床検査技師の面接対策

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の面接対策

臨床検査技師の面接対策

書類審査に通った後になりますが、面接を受ける必要があります。競争率が高まっている昨今、書類審査に通るのもなかなか難しいことですが、面接こそ本番と言えるので、気を引き締めましょう。臨床検査技師は基本的に大量募集はしないだけに、他の応募者よりも目立つ、特有のアピールポイントが必要です。特に、高い学歴があるとかなり有利に審査を進めることができるので、できることなら高い学歴を得ておきたいものです。また、面接に臨む前に、どのようなことを問われるか、それに対してどのように答えるかといったことをイメージしておくことが大切です。

まず、自分自身の状況について理解します。面接は口頭で自分自身の説明をするので、当然その説明がうまくいくように練習します。自分自身の説明くらい、練習しなくても平気なように思いがちですが、意外にそういった説明は難しく、ぶっつけ本番で整理して答えるのは無理です。もちろん、間違ったことや誇張したことは言えませんし、自分自身のこと、つまり今までの経験や今後の目的などをリストアップしておくといいでしょう。

面接で特にポイントとなるのが志望動機です。今度は逆に自分自身のことだけでなく、面接を受ける医療機関や企業を知ることが必要になります。志望動機は、面接先の業務にからめて言った方が、ひとりよがりな感じにならずに済むからです。その医療機関や企業で、臨床検査技師としていかに活躍できるかということをアピールするのがベストです。完全に個人で行う場合は別ですが、チーム医療を重視する職場であれば、コミュニケーションや連携について理解があることを示すのが効果的です。業界、特にその職場のニーズをいち早く察知しておきましょう。

自分自身の説明と、志望動機の他に面接で聞かれることは、転職であればなぜ退職したのかについて答える必要があります。その理由が面接先と関わるものであると不利になるため、あらかじめ面接先に合わせた答えを決めておいた方がいいでしょう。新卒の場合は退職理由を説明する必要はありませんが、集団面接になることが多い分、周囲に惑わされないようにすることが大切です。特に近年は募集枠を狭くしている場合があり、緊張が高まりやすくなっています。そのため、面接の受け答えに力を入れることはもちろん、いかに落ち着いていられるかという工夫もしておくべきです。話すときは顔を上げ、聞きやすい、はっきりとした言葉で臨んでください。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.