臨床検査技師に多い退職理由

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師に多い退職理由

臨床検査技師に多い退職理由

代表的な退職理由を知ることは、その業界の特徴を予想するのにとても役立ちます。しかも、臨床検査技師の場合は、職場によって業務内容が大きく異なることがあるので、なおさら調べておく必要性が高いのです。さらに、転職する時は面接で退職理由を説明することにもなりますし、どういった理由が多いかくらいは知っておいた方がいいでしょう。

臨床検査技師の業務は主に病院での業務、検査センターでの業務、治験での業務に分けられます。特に病院勤務の臨床検査技師については、給料に不満があって退職することが多いようです。給料といえば、すべての職業の満足度において重要な要素ではありますが、臨床検査技師においても例外ではないということです。もちろん高収入の技師もいますが、全体的に見ると、勤務先によって給料がかなり異なります。また、仕事自体にやりがいを感じられないという理由もあります。勤務先によっては、臨床検査技師ならではの仕事ではなく、誰にでもできるような仕事もあるため、そればかりではモチベーションが下がってしまうケースもあるのです。

検査センターでの業務の場合は、業務へのやりがいのなさが退職理由として多いようです。というのも、検査センターでは検体検査が主であり、実際に身体を見る生理機能検査を行うことができないのです。臨床検査技師が行う主要な検査法のひとつができないというのは、専門家にとっては物足りないのでしょう。また、夜勤の頻度が高いことも、よく理由に挙げられます。医療業界では夜勤は珍しくありませんが、特に臨床検査技師として勤務する場合は注意した方がいいでしょう。

最後に治験での業務の場合には、より待遇の良いところを求めて退職することが多いようです。都心では勤務先がたくさんあるだけに、もっと良い条件の職場が見つかりやすいのでしょう。ただし、給料や仕事へのやりがいに不満を持つことは少ないので、ステップアップを狙いやすい職場であると言えます。

このように、退職理由はさまざまですが、実は正社員であるかどうかも大きく関わっています。正社員以外に、契約社員やアルバイトなどでの勤務があるわけですが、その場合は比較的退職しやすくなります。それに対して、規模の大きい病院の正社員は満足度が高い傾向にあり、退職もめったにしません。ただし、もちろんこういった職場は競争率も高いため、学歴や経験、面接での評価などが重要になってきます。また、中には異業種を経験したいために退職するというケースもあります。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.