臨床検査技師の年収・給料

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の年収・給料

臨床検査技師の年収・給料

臨床検査技師の収入は勤続年数、就業先によって異なるものの全臨床検査技師による平均年収調査によれば450万円前後となります。 ただし、この平均年収は臨床検査技師として10年以上勤務した金額となるので、働いてきた年数により多少なりとも差が生じます。

更に女性検査技師、男性検査技師で収入平均は異なりますので、臨床検査技師の収入は選択肢で異なり、男女別に見ても異なります。 同じ年数だけ臨床検査技師として働いても、女性は平均年収430万円のところ男性検査技師は510万円以上。 このように臨床検査技師は、男女の生活スタイルの違いで収入は異なり、勤続年数、就業先で年収は違います

女性は結婚し家庭との両立もある事から、男性検査技師よりも労働時間が短い。 それにより若干女性臨床検査技師と男性検査技師の年収は違い、就業先、勤続年数により収入が違ってきます。 いずれにしても臨床検査技師の平均年収はおおよそ450万円程度で月収平均は30万円前後となります

医師と比較すれば臨床検査技師の年収平均は低めであるといえる状況ですが、臨床検査技師という仕事は非常にやりがいのある仕事ですし医療分野においても不可欠な存在です。 基本的に患者さんは医師がいるから自分の病気が治る的な意識でいる事が多いですが、臨床検査技師が存在するからこそ医師の医療方針を決定づける事も出来ます。 なお且つ患者さんの病気をも治す事につながります。

元々検査の多くは医師の手で行われていましたが、医療の高度化に伴い検査も複雑化した事から臨床検査技師がその役目を担うようになりました。 ゆえに医療機関では臨床検査技師の技術が不可欠ですし、その存在も不可欠です。 ただ、収入面をみると医療従事者としてそれほど高収入が期待できない面も否めないので、臨床検査技師という専門性を活かす場所は慎重に検討し決定しなくてはいけません。

基本的に臨床検査技師の就業先と言えば医療機関ですが、最近は治験関連における採用ニーズも増加傾向ですから、そうした選択肢も取り入れながら転職は検討すべきかと思います。 臨床検査技師の転職は引く手も数多状態であり、求める環境は多いでしょう。 ただし、臨床検査技師人口も増加し機器の自動化も増加しているため、転職においては臨床検査技師における市場もよく調査し状況をよく認識した上で検討する必要があります。

転職に伴い臨床検査技師の求人は多いですが、成功をつかむためには十分な情報収集と慎重な判断が必要です。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.