臨床検査技師の自己PR

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の自己PR

臨床検査技師の自己PR

志望動機を考えることが履歴書を作成する中で一番苦労する事ですが、通常就職の際の自己PR文は800文字程度に収めます。 最低でも500文字以上はあるように作成し、あまり多すぎても読みづらくなるため上手に800文字以内にまとめ完成させましょう。 ただしこれは、履歴書とは別に志望動機が必要な場合のみです。 通常、履歴書を作成しその中に志望動機を書く場合は300文字以内に収め作成します。 また、志望動機に続き大変なのが自己PR。

自己PRをどんなものにしようか考える前に不採用の理由を少しあげると臨床検査技師が応募先に不採用になる理由には、コミュニケーション能力の不足があげられます志望動機がハッキリしない場合や転職理由すら明確に出来ない方も採用されません。 つまり、自己PRではこの逆を狙う事で採用率も高められるので、自己PRでは「自分がいかにコミュニケーション能力に長けており、転職における明確な理由がある事をアピール」すればいいという事になります。 しかも、臨床検査技師が募集先に不採用になる理由には、退職理由に関する一貫性が乏しいということもあげられますので、退職した理由も面接などでは必ず確認されますので、一貫性があり、納得できるような回答を準備しておく必要があります。

例えば、転職に伴い治験関連企業を狙う場合は、ビジネスマナーが重視されるため、自己PRでもその辺を意識した内容にまとめ自己PRにすると効果的です。 治験関連企業での不採用理由にはビジネスマナーの欠如や理解不足等があげられます。 そのため、企業臨床技師としての転職にはこの部分を抑えた自己PRをすると採用率も高められます。 更に素晴らしい自己PR内容でも会話が成り立たない場合は不採用になってしまいますし、相手の目をしっかりと見て話す事が出来ない方も採用されません。 当然、敬語を使えない方も採用されませんし、傾聴能力が乏しいのでは?という印象を与えても採用されません。

このように臨床検査技師を目指すにあたる自己PRは、採用されないケース、理由をよく把握し、その逆の印象を与えられるようにする事とそれに伴う内容にする事が必要です。 また、自己PRでは、自分の強みや弱みをしっかりと伝えることも必要で履歴書内では明らかに出来ない自分の知ってもらうべき事を上手にまとめアピールする事が必要です。 転職を機に異職種に転職を検討している際のPRでは、なぜその職種に応募しどんな強みがあって即戦力となり得るか?を十分に考えアピールしなくてはいけません。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.