臨床検査技師の退職金

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の退職金

臨床検査技師の退職金

臨床検査技師の平均年収はおおよそ460万円です。 月収平均は、勤続年数10年ほどで30万前後となります。 大体、臨床検査技師の収入は各就業先により異なり、事業所の規模によって違います。 また女性、男性臨床検査技師によっても給与は異なり、男女の生活スタイルの違いが給与差に反映されている事も考えられます。

臨床検査技師の初任給はおおよそ20万円程度で50歳〜59歳前後がいちばん年収的に高い傾向にあり、臨床検査技師における最高年収額はおおよそ760万円程度となります。 基本的に同じ医療従事者と言える医師より収入平均が低い臨床検査技師ですが、臨床技師の収入は各就業先によって異なります。 退職金に関しては低めの傾向であると言われています。 もちろん、給与からボーナス、退職金に関しては各就業先によって異なり確定的な数字は表わせませんが、定年まで働いても臨床検査技師における退職金は低いと言われています

このような背景から現在では、臨床検査技師以外のダブルライセンスを持つ方が多く、それにより活躍の場を広げ収入も高めていこうと考える方も増加しています。 しかし実際は、医療機関における法人化、新たな制度の導入等で給与削減をせざるを得ないところも多いので臨床検査技師における年収並びに給与、退職金を今以上上げるには転職先を選ぶ際の選択が鍵となります。

医療機関は各機関によって内部事情が異なりますが、平均に給与削減、人員の削減が考えられるため高収入を期待する転職であれば違った分野での活躍も検討すべきです。 治験関連業界における臨床検査技師の採用ニーズは増加傾向ですから、それに関連する資格を保有し、そうした分野を目指す事で今以上の収入も期待できます。 上を目指すには上を目指すだけのスキルと経験が求められるため、収入及び退職金を今以上増やしたいと考える場合は自ずとダブルライセンスを持つ事は必然ですし、向上心を常に持つ事も不可欠になってきます。

退職金が一生同じ医療機関で働いていてもさほどもらえないという事で転職を検討する方も多い臨床検査技師ですが、高収入を目指すには高収入が期待できる求人を確保する必要があります。 しかし残念ながら臨床検査技師における求人の多くが年収、退職金ともにほぼ同一ですし、求人も少ない。 そこからあえて希望通りの求人を確保するには臨床検査技師求人に強い転職エージェントの利用も不可欠で、利用する事で高収入の期待できる臨床検査技師求人の確保も実現します。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2018 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.