臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師求人TOP >> 基礎 >> 臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師とは、医療現場に欠かせない存在です。 医師の医療方針を決定づける検査が臨床検査ですが、その検査を行う重要な役目を担う仕事をするのが、この臨床検査技師です。 一般に臨床検査技師は医療機関の代表とも言える病院で働く事になりますが、臨床検査技師の活躍の場は病院以外にもたくさんあります。 例えば、検診センターも臨床検査技師が必要ですし、クリニックでも臨床検査技師が必要。また、臨床検査業務を代行する臨床検査センターでの採用ニーズもあり、治験業界で専門性を活かす事も出来ます。

幅広く活躍できる臨床検査技師の病院での仕事は、検体検査や超音波、心電図などの生理機能検査を行います。 もちろん、病院といえども担当する部門によって業務内容は異なりますが、 病院での臨床検査技師は医師の医療方針を決定づけるための様々な検査業務を行う事になります。 ただ昨今は、機器の自動化に伴い臨床検査技師の需要の下降気味という見方もあり、臨床検査技師の必要性も以前ほどではないという声もあります。 ですが、実際は医療機関の規模や医療機関の種類によっては同時にたくさんの作業を行う必要がある場合も多いため、精度のいい機械よりも専門性と豊富な知識が備わる臨床検査技師の能力が不可欠なのです。

基本的に臨床検査技師は、採血等の一般検体検査をはじめ、エコーや脳波検査等の生理機能検査の対応など幅広い業務を行います。 働く環境により臨床検査技師の担う業務は違いがありますが、基本は一般検体検査や生理機能検査を行います。 治験でいえば、医療機器メーカーでの営業サポートも臨床検査技師の担う業務であり、被験者の臨床検査値を把握し有害事象が無いかをチェックするのも臨床検査技師の役目となります。

このように臨床検査技師の仕事とは医師の医療方針を決定づける重要な役目を担っておりますが、主に一般検体検査や生理機能検査、臨床検査値の調査となります。 ただ、臨床検査技師は医療機関という分野だけでなく、企業でも専門性を活かす事もできます。 企業臨床検査技師は薬の開発や製造に携わる事もできますし、医療機器メーカーでの検査機器に関連する仕事に携わる事も可能で、公衆衛生関連に携わる事も出来る。

臨床検査技師としての専門性と経験を備えることにより、臨床検査技師は非常に幅広く活躍する事が出来るため、転職においては選択肢を誤らないよう慎重に検討しなくてはいけません。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2018 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.