内視鏡関係の臨床検査技師求人

臨床検査技師求人TOP >> 条件別 >> 内視鏡関係の臨床検査技師求人

内視鏡関係の臨床検査技師求人

臨床検査技師は、その専門によってさまざまな業務に細分化されていますが、そのひとつが内視鏡関係の技師です。一般的には「消化器内視鏡技師」と呼ばれており、内視鏡業務を主に行います。消化器内視鏡技師として活躍したいのなら、この技師を募集している求人を参考にするといいでしょう。消化器の運動は、生活や健康と深い関わりがありますし、その検査に携わる消化器内視鏡技師のニーズは高いと言えます。

業務内容についてですが、内視鏡検査における医師のサポートが主なものとなります。具体的には検査前の準備、機器のセッティングや管理、検査後の洗浄や消毒などが挙げられます。医師のサポートというと、看護師の存在と似ていると思われがちですが、内視鏡検査においては、内視鏡機器を取り扱う専門性が重視されているため、臨床検査技師が携わっているのです。あらゆる検査の中でも、内視鏡検査を行う患者さんは多いため、作業のスピードと正確さが求められます。時には重大な病気が見つかることもありますし、医療現場でもやりがいのある仕事と言えることでしょう。

内視鏡の種類にもよりますが、過敏な患者さんの場合、検査中の苦しみの度合いが大きくなります。たとえば、吐き気や異物感などがそうですが、ある程度仕方のないことでもあります。しかし、臨床検査技師のサポート次第でその苦しみを和らげてあげることもできるため、患者さんにとって重要なポジションです。

消化器内視鏡技師には第一種と二種の2つがあります。臨床検査技師の場合、国家資格を有しているので、第一種となります。他にも、看護師や各技師などが第一種となりますが、国家資格のない准看護師などは二種の扱いになります。臨床検査技師が内視鏡関連の職場に就いた場合、消化器内視鏡技師の認定資格を持っていなければ、取得の義務がある場合があります。

消化器内視鏡技師の認定資格を受けるには、日本消化器内視鏡学会の試験に合格する必要があります。試験は臨床検査技師であれば無条件で受けられるわけではなく、さまざまな規定があります。たとえば、内視鏡関係の医療機関に2年以上勤務していることや、指定された講義を終えていること、医師による推薦や証明があること、内視鏡機器の講習やセミナーを受けていること、といったことが挙げられます。条件を満たせば、いよいよ試験を受けることになりますが、受験料と合格の際の登録料が必要なことに注意してください。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.