英語力が活きる臨床検査技師求人

臨床検査技師求人TOP >> 条件別 >> 英語力が活きる臨床検査技師求人

英語力が活きる臨床検査技師求人

英語力を活かした臨床検査技師求人には外資系製薬会社の求人があげられます。 外資系製薬会社の募集では、募集する条件としても英語スキルを要するものとなるため英語力を活かした臨床検査技師の仕事が実現します。 製薬会社での臨床検査技師における仕事は資料作成、申請資料の整合性チェック、QA業務等が挙げられます。 また、資料作成にしても申請資料の整合性チェックにしても英語力を要する業務となるため、英語力を活かした臨床検査技師を目指す場合は、製薬会社への就職が適すると言えるでしょう。

もちろん製薬会社での臨床検査技師は非臨床、臨床試験に関わる幅広い業務を行い、新薬の開発に必要な幅広い業務を担います。 外資系製薬会社では、CMC部門の臨床検査技師の採用ニーズも増加傾向で、製薬会社の臨床検査技師は海外で作成されるCTDに基づいた新薬の承認申請におけるCMC関連の申請資料作成等も行いますので、英語力が活きる仕事である上に英語力を十分に活かした環境になります。

ただし、外資系製薬会社のように英語力を要する募集先では「TOEIC650以上のスキルもしくは中級レベル以上のスキルが求められる事となります」。 また、英語力を活かせる募集先は平均に臨床検査技師以外のスキルも要するケースが多いです。 そのため、今以上に自身のスキルを活かしたいと考える転職には臨床検査技師以外のスキルを備えていなくては採用も難しくなります。 外資系、CMC部門での活躍を希望する場合「採用に有利となる資格は臨床検査技師+薬剤師等」です。

なお且つ英語力が活きる職場となれば、平均以上のスキルとダブルライセンスは不可欠ですから、英語を活かして違う分野での活躍を目指す場合は臨床検査技師&英語スキルだけでなく+αの強みを持つ事が必要です。 このように英語を活かせる職場で臨床検査技師の就業先を挙げれば、製薬会社等があげられますが、英語力をフルに活かせる職場というのは実務経験にしても高い専門性もダブルライセンスも重要と考え準備をしなくてはいけません。

英語力が活きる臨床検査技師の求人には外資系製薬会社はじめ、欧州の研究開発型製薬企業等が挙げられます。 ただし、英語力を活かせる臨床検査技師求人には年齢制限があるケースが多いため、早めのアクションがお勧めです。

臨床検査技師の転職は「臨床検査技師人口:求人数の減少」により容易ではありませんが、臨床検査技師に強い転職エージェントの利用によって有利な転職を招きます。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2018 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.