研究職関の臨床検査技師求人

臨床検査技師求人TOP >> 条件別 >> 研究職関の臨床検査技師求人

研究職関の臨床検査技師求人

臨床検査技師の求人には、研究機関のものもあります。企業や大学の研究機関など、さまざまなところがありますが、一般的な医療機関や検査センター、治験業務とは異なるので、注意が必要です。その分レベルも高く、普通の臨床検査技師ではなかなか採用されることはないでしょう。複数の認定資格を持っていたり、医師や薬剤師の資格を持っているなど、臨床検査技師の国家資格に加えて、さらに何らかの資格などが必ず欲しいところです。

また、研究機関の求人ということもあって、どれくらい研究業務において力を発揮できるかということも選考基準になります。つまり、すでにどれだけの研究を行ってきたかという実績がポイントになり、それ次第で採用の可否が大きく変わります。また、一度でも研究機関に勤務したことがあれば、転職もしやすいと言えるでしょう。ただ研究を行っていただけでなく、論文発表を精力的に行っていた場合には、さらに大きなアピールになります。

一度も研究をしたことがない、もしくは論文を発表したことがないという場合は、何らかの実績を作っておくことで、採用がスムーズになります。特に在学期間中に行っておくのが効率的なので、大学や大学院にいる間に、機会を見つけて論文を書くようにしましょう。大学院は、修士課程よりも博士課程の方が研究を盛んに行うため、迷った場合には博士課程を選ぶようにしましょう。博士課程なら自然と研究を進めることになりますが、ただ何となく行うより、明確な目的を持って優れた実績を作りたいものです。そうすることで、多くの研究機関志望の人材の中から、選んでもらうことができるはずです。また、博士課程では、指導教官から論文のノウハウなどの指導を直接受けられるメリットがあるため、そもそもどのように書けばいいのかわからないという人には向いています。

学校で論文が書けなかった場合には、働きながら書くことになります。一般的な臨床検査技師の業務を行いつつ、論文を書いて実績を作ります。並行して、その職場の経験を活かし、複数の認定資格も取っておくといいでしょう。他の臨床検査技師の職場よりも比較的厳しい世界ではありますが、やはり研究職は自分で行動して成果を出していく必要があるため、主体性が評価されます。やり方を教えてもらい、ただそれを黙々とやっていればいいわけではなく、大学や企業の研究に直接貢献しなければいけません。そのため、研究機関の求人においては、それが可能な人材を求めているのです。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2018 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.