初任給が高い臨床検査技師求人

臨床検査技師求人TOP >> 条件別 >> 初任給が高い臨床検査技師求人

初任給が高い臨床検査技師求人

初任給が高い臨床検査技師の仕事を目指すということは、単純に全体的な給与が高い求人を参考にするということです。というのも、どのような業界でもそうですが、初任給が高いわりに、将来的な給与が低いということは、なかなかないからです。ただし、昇進、昇給制度の度合いによってはこの限りではありません。といっても、昇進、昇給制度は、学歴や取得している資格内容に左右されますし、そもそも同じ職場で長く勤務することが条件になるので、注意が必要です。

病院に臨床検査技師として勤める場合、国公立病院か私立病院かによっても初任給は変わってきます。基本的に国公立病院の方が安めで、大卒なら19万円、短大卒なら17万円が平均となっています。ただし、手当がどれくらいつくかによっても初任給は変わるので、そのあたりにも注意が必要です。それに対して私立病院の場合、初任給が20万円を超える場合も珍しくありません。臨床検査センターや治験企業の場合は、私立病院より休めで、国公立病院と大体変わらないくらいです。

では、臨床検査技師は私立病院への就職を目指せばいいかというと、実はそれほど単純なものではありません。というのも、経営が民間であることから、どこの病院でも確実に高待遇というわけではないからです。たとえば、就職してから病院が経営破綻することも、可能性としては当然ありえます。その場合はリストラや倒産ということになりますし、求人を見る時には、その病院の経営が安定しているかどうか確かめておくといいでしょう。

また、業務の厳しさについても、求人を選ぶ時に考えておきたいポイントです。初任給が特別高かったとしても、それだけ忙しい職場だこともあります。特に私立病院は、人員を最小限にしていることが多いため、夜勤、休日出勤の回数が増えやすくなります。といっても、国公立病院なら必ず業務が楽というわけでもありません。場合によっては私立病院と同じく、少人数の人員で、かつ業務量が多いということもあるため、初任給だけで求人を選ばない方がいいでしょう。

また、初任給の高さは、臨床検査技師の国家資格所有年数、今までの実績、認定資格の所有などによっても違います。転職であっても、有能だとわかる証明があれば、即戦力としての待遇を受けることができるのです。特に勤務先の医療機関のニーズに合った認定資格を所有していると、一般的な臨床検査技師の扱いとは別になると言っていいでしょう。

臨床検査技師の求人も豊富!転職サイトランキング!


  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

臨床検査技師転職の基礎

条件別の臨床検査技師求人

人気の臨床検査技師求人

地域別の臨床検査技師求人


Copyright (C) 2014 - 2017 臨床検査技師求人ランキング All Rights Reserved.